ディスプレイメーカー

ディスプレイを製造している会社は、海外にも国内にもあります。いざ、購入しようと思ったとき、選択肢がありすぎるのも困る問題です。

そこで敢えて国内企業では、ナナオ (EIZO)をおすすめします。ナナオ (EIZO)は、プロ仕様でレベルの高さが特徴です。色の再現性が優れていて、写真屋さんや映像関係の仕事をしている人たちに評価されています。

最近ではYouTuberなど増えて、個人で映像制作をしようとする人たちもいますが、そのような人たちも、この企業に注目をしています。

製品ラインナップは、一般向けはFlexScanシリーズ、業務向けはColorEdgeシリーズです。

更に国内企業だけでなく、海外に目を向ければ、Dell:アメリカ、HP:アメリカ、Acer:台湾、 Hyundai:韓国、Philips:オランダ、ASUS:台湾、AOC:中国、BenQ:台湾、LG:韓国 という会社が名を連ねています。

しかし、Samsungは2013年に、液晶ディスプレイ事業から撤退したこともあり、今後、もっと国内海外共々企業の勢力図は変わることも充分想像出来ます。

海外メーカーでは、日本の方々にも注目度の高いHP をおすすめします。 ヒューレットパッカード社には、日本人が求めている、繊細でクリアな画質、優れたユーザビリティ、人間工学に基づいたデザインがあり、環境に配慮した設計を考えています。

Zシリーズは、高解像度4K UHDモデルなどプロのニーズに応えた、生産性向上に貢献するワークステーション用モニターです。

Eliteシリーズは、 長時間利用における 生産性を最大化する パフォーマンス モニターです。Proシリーズは、スタンダード モニター、Valueシリーズはプライスパフォーマンスを追求するエントリーモニターです。