時計買取の最終チェック 用意しなければならないもの

私達が時計買取をしてもらう時、 どのような点に注意しなければならないのでしょうか。
時計買取をしてもらおうと決めたら最終チェックです。時計買取に必要なものは全部揃っているでしょうか。

時計買取に出す時に必要なものリスト
そもそも、時計買取って、時計だけもって行くのではなく、他のモノを持っていくことでより高い買取価格が期待出来ることがあります。

さて、他のモノとはなんなのでしょうか。

その前に大事なのは時計本体です。時計ひとつ買取という場合は、このような問題は気にする必要ないかもしれませんが、大量に宅配で送るという場合には、ひとつだけ入れ忘れてしまったということはよくあることなので呉々も注意してください。

あとあと面倒くさい思いをしてしまうことでしょう。

時計のコマ
時計のコマは、時計買取に結構大きなポイントだったりします。そのようなものがあれば、一緒に買取してもらいましょう。

現在、買取予定のない方々も、今後のことを考えて決して、このようなものは捨てないでとっておくようにしてください。なぜなら、サイズが小さいと、それだけ買い手がつく確率が狭くなってしまうからです

パッケージ
そしてパッケージです。パッケージがあればそれだけ買った人も気持ちがいいでしょう。ですからそれだけ高い買取価格がつくことになります。

パッケージが、中古でなく新品というイメージもつけさせることが出来るでしょう。

時計が美品扱いとなれば、それだけ高い買取価格になります。

保証書など
保証書なども時計を購入したらあとあとのためにしっかり取っておくようにしましょう。

腕時計の保証書、ギャランティカード、このようなものがなくても、時計買取ショップはしっかり査定してくれるでしょう。しかし、このようなものがないとマイナス査定になってしまうケースは非常に多いです。

オーバーホール証明書
次は、オーバーホール証明書です。こちらの場合もプロフェッショナルが見れば大体いつ頃オーバーホールをしたかということはわかるものの、市場に並んだときお客様が買う決め手にするでしょう。

ですから、このようなものがあれば、プラス査定になるケースが多いです。

身分証明書
そして、時計買取ショップで買取してもらうときには身分証明書が必要です。身分証明書がなければ、現在では買取してもらうことが出来ません。

免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートと言ったものもあらかじめ用意しておきましょう。

付属品がない場合でも時計買取は、してもらうことが出来るでしょう。そもそもそのようなものがなければ仕方がありませんよね。

しかし、時計買取額は、このようなもののあるなしでは、結構価格に違いがあります。

そのようなものをしっかり提出することで、買取業者は、今までの持ち主が丁寧に時計を扱ってくれていた判断をして、ちょっと傷など見逃してくれることもあるかもしれません。